若気の至りで聞く耳持たず。!数年経ってからきづく事もシバシバです。

パティシエになって33年が経ちました。

高校を卒業して繁盛店で働くご縁をもらい右も左もわからない自分に色々と教えてくれた先輩や上司の皆様には今も感謝の気持ちしかありません。

あの時叱られた事や朝礼で社長が言っていたことが今になって理解できる。

今更なんて思うかもしれませんが社長になって解る事ってかなり多いんです。笑

あの時聞く耳を持てずにすみませんでした。(^◇^;)

あの時経験した事が今の自分のパティシエとしての芯の部分になってます。

普通の店舗では味わえない仕事量と沢山の人との出会いから今も気付きをもらい続けています。

修行四年目の写真です。皆さん若いですねぇ。

さてわたしはどこに写ってるでしょう?笑

弊社の若いスタッフには昔のエピソードを話す事はあえてしないようにしています。

理由は話しても伝わらないからです。笑

それよりも想像してチャレンジすること。

疑問を持つこと。当たり前の事を当たり前に毎日繰り返すことの重要性を説いています。

取り留めのないブログになってしまいました。

人は自ら気づいたことしか変われない。

まだまだ私もチャレンジして気づきを磨いていきます!

ジェラートコーンに一手間かけてます。

一手間とは?

よりよく仕上げるためのちょっとした工夫。

ジェラートに使うコーンは既成のコーンを使ってます。色々種類がある中からわたしが好きな食感を選びました。

あるある話ですがコーンがしけってる事ってありませんか?せっかく美味しいジェラートやソフトクリームなのに気分は台無しになりますよね。わたしも経験があります。

イタリアのジェラテリアでは毎朝手作りのワッフルコーンを焼いてそのコーンにジェラートを盛り付けてくれます。

これは美味しいのは間違いないです。

手作りのワッフルコーンは作れなくても

しっかりと食感のあるコーンを召し上がってもらいたいのでルモンドでは更にオーブンにいれて焼いてます。

ただ焼いてるだけじゃん!笑

そうなんですが一手間かけてます。

コーンとカップをお客様に選んでもらってますが焼くようになってから昨年よりも1.5倍コーンを選ばれるお客様が増えてます。

是非コーンでもお試し下さいませ!

増毛 ブルベリーが良い感じになってきたよぉ(^^)

すごーい!W(`0`)W

なりッぷり笑

想像以上の大きさと実の多さにビックリ。

あとは色付くのを待つのみです。

でも収穫が大変だ。

どぉしょ(^◇^;)

早起きしてスタッフ総出でやるしかない。

そうだ。

この喜びをお裾分けします。

近々収穫募集しますのでお待ちください。

このブルベリーをつかいタルトやショートケーキ、ジェラートで提供します。

お盆前から販売します!お楽しみに!

amazon echo の「アレクサ」が職場ににやってきた。

ラジオが今朝いきなり壊れた。

25年前にAIR-G FM北海道が聞きたくて アンテナをたてて職場までわざわざケーブルをひいて聞いていたのにショック!

職場にラジオのない環境は考えられない。

どうする?

考えた末、わたしの「アレクサちゃん」を職場に持ち込む事にした。

アレクサちゃんとはこれ!

amazon echo。

これ。凄いんですよ。

話しかけるだけでラジオが聴ける。

他にも買い物や占い、じゃんけんもできる。笑

話がそれました。

ラジオを聞く手順はこんな感じ。

私「アレクサ」

私「radiko聞きたい」

「はい。radikoを聞きますか?」

私「AIR G」

「はい。エフエム北海道AIR Gを再生します。」

これでラジオが聴けちゃう。

この一連の動作をみていた40代後半のスタッフの驚きは笑えました。

ですよねー機械と話をしてラジオが聴けるなんて数年前まで漫画の世界の話だったんですから。

これからは車にも似たような装備がとりつけられるそうです。

時代は進む。

乗り遅れると商機をのがす。

常にアンテナを張っていきたい。

平成最後の夏がやってきた。

今年もあと6ヶ月!

やる事とやらない事を決めたつもりが

まだまだ実行出来てない。

でも。

それで良い。

あと半年あるから大丈夫。

焦るな自分。

明治フレッシュバターが更に美味しくなってる!!!!

菓子業界も時期になるとフレッシュバターの

品薄状態が続いてますがそのバターで今日気がついた事がありました。

今更気がつくのが遅いと言われそうですが

最近までこんな感じで納品されてました。

画像は発酵バターでこれが当たり前なんですが。

今日みつけたバターはこんな感じ。

シールが貼ってある。

なんでだろう?

自分なりに考えてみた。

バターをくるんでる用紙がよじれて空気に触れて酸化するのを防ぐため。

これは講習会で有名パティシエの方が管理について詳しく話をしていたのを覚えていた。

あとは? これしか思い浮かばない。笑

直ぐにメーカーの担当者に連絡をいれて聞いてみた。

衛生管理と品質管理のためシールを剥がす手間が増えます。との回答がありました。

品質を高め衛生的にも安心できる商品を提供する為にシールを貼ったんですね。

価値を高めてますね。さすが明治さん!

ここまでこだわってるバターだから

美味しいのかと再認識させて頂きました。

これからもルモンドではこの美味しいバターを使ってハッピーなお菓子を作っていきます。

小さな事にもこだわり価値を高める。

見習います。

旭川空港

旭川空港までお客様をピックアップしに行って気が付いた事がありました。

それがこれ! 凄いですね。

季節ハズレの話ですが冬の空路混乱を考えると旭川空港をつかったほうが良い事がわかりました。

「雪でも着く飛ぶ就航率99パーセント」

但し陸路は保証できないので公共交通機関を使う事をお勧めします。

季節感がない話でした。笑

増毛のブルーベリーは「半端ねぇ」笑

果樹園ではこれから最盛期を迎えるさくらんぼの収穫準備やリンゴの摘果作業に追われてます。

広大な敷地を限られた人数でやってる姿に頭があがりません。

手間が半端じゃないんですねぇ。1つ1つの果物に生産者の思いが詰まってると再認識しました。

例えば写真のりんご。

1つの花に5個の実がつきますがこれを4個取り除くそうです。

そうする事で1つに栄養が行き渡り大きなりんごになるそうです。

これを「すぐり」「摘果」作業というそうです。

水さえあげていれば普通にりんごが🍎できると思っていた。。恥ずかしい。。

で。

2週間前に花が咲いていたブルーベリー。

今はこんな感じでした!

想像以上に実ってると思いませんか?

あとは色付くのを待つのみです。

そろそろどんなお菓子を作るのか考えていかないといけないですね。

ベリーフェアもやりたいです。

他にも楽しい企画も考えてますので

お楽しみに!

パティシエと一緒にブルーベリー狩りなんか良くないですか?

摘みたてブルーベリーをのせたタルト作りとか。

2018年千歳マラソン で言葉の力に気が付いた。

千歳マラソン。

残念ながら今回も完走はできませんでした。

しかし36キロ地点の関門までの道のりで元気をもらった言葉が数々ありました。

この言葉がなかったら36キロは走れてませんでした。

マラソンを走った方は知ってると思いますが

ドクターと書いた黄色いビブスをつけて

ランナーと一緒に医療支援活動を行なってる

方々がいます。

走りながら支援をするドクターランナーです。

同じようなペースで走る集団に合わせて足の状態や体調が悪くなっている人が居ないかチェックをしながら走ってます。

自分の集団の担当は50代後半の元日ハムの白井コーチに似ている感じ良いの方でした。

足の状態が悪い人にどう声をかけてるのか

気になったので近づいてみた。

「歩けますか?」

「なんとか」

「止まったら筋肉が固まって歩けなくなるのでムリしてでも歩いて下さいね。あと2キロ先が関門ですからがんばりましょう」

一声かけてからペースを上げてささーっと走って消えて行きました。

なるほど心が折れかかってる人には元気がでる一言ですよね。数字を聞くとイメージが湧き頑張れる。

本人はどうかわかりませんが、私にはそう思えました。笑

更に数キロ走るとまた同じドクターがペースを落として走ってます。

折り返し前の関門まであと数キロあたりなので励ましてるのかなと思ったら強烈な一言!笑

「関門突破しなくてもいいや。リタイヤしようと考えても無駄ですよぉ~」

「じゅうぶん関門突破できる距離です。

あと20分以上あるから余裕ですよ。まだまだ許してもらえませんから諦めて走りましょうねぇー」笑笑

これを聞いてヒビが入りかけていた心が元に戻りました。

だって、本当にそんな心境だったんですから。優しく声をかけても心に響かない。

ランナー愛を感じましたね。

中間地点を過ぎる頃には周りにいるランナーは定着し始めてきます。

追い越されては追い越す。

いつも同じメンバー

ベースをあげてはるか先に行ってしまったけどいつのまにか追いついてるとか。

下り坂になり足の状態を確かめてペースを少し上げてみた。

いつもより痛くない。

完走まで間に合うかわからないけどペース上げてみよう!

集団メンバーの若者がドクターに

若者「このペースで行けば完走できる?」

ドクター「このペースで行けば間違いなく完走できますよ!!」

若者「もう走りたくないなぁ」

ドクター「最後の関門突破できたら絶対に感想できるから!頑張って!」

若者「そんなんだ!俺、頑張る!」

わたし「え?本当に完走できますか?一度も完走した事ないんです!俺」笑

ドクター「大丈夫!できます!」

坂は歩いても良いけど下りは必ず走って行けば大丈夫。」

その言葉を聞いて脳からヤル気パワーが溢れてくるのがわかります。笑

やる気満々になったわたしはそれからペースを上げて走ったのです。

ですがペースを上げてしまい足が途中でつってしまいペースダウン。

残念ながら関門突破できずだったのですが大事な事に気がつきました。

たった一言の言葉でこんなにもやる気がで

るものなんだ!

道を示してあげる。言葉をかけてあげる。

これなら自分にも日常生活でもやってあげれる。今回のマラソンから学びを得ることができました。家族やスタッフに声をかけよう。

ドクターランナーがいるから安心して走れる。怪我をケアして気持ちまで応援して走ってくれてるなんて素晴らしいですよね。

ドクターランナーの皆様ありがとうございました!。

次は9月30日の旭川ハーフマラソンに挑戦します。

メインは11月の富士マラソン!と続きます。

次はどんなドラマと気づきを得られるか楽しみです。

なによりもスタートラインにつくことが大事ですよね。ネバーギブアップ!笑

結石がこんなに痛いとは思わなかった。 そんなわたしを見つめる愛犬。

仕事中、鳩尾のあたりと背中に激痛が走った。我慢していたが我慢できないレベルになり自宅の二階に戻り横になってみるものの

一向によくならない。(^◇^;)

痛みが和らぐ姿勢をみつけようと試してみても全く効果なし。。笑

これはおかしい!!

おかしいぞ!

あまりの痛さに吐き気もしてきたので

妻を呼び救急外来に電話をして車に乗り込み

病院に向かった。

車の中でも痛くて座ってられない。

まいった。

心が折れそうになる。。

看護師の人から色々と質問を受けるが痛くてどうでも良い答えしか出来ない。(^◇^;)

的確に答えれる人なんているのかな。笑

直ぐに点滴と痛み止めをしてもらったけど

全く効果なし。

痛みに耐えながらレントゲンを撮ったところで先生が「あ~これだ!」と呟いてるのが聞こえた。

え?なんだろ?

痛み止めを倍にしてもらい痛みが和らいで先生から話があった。

「胆石ですね」1センチくらいあるので

これが原因です。

痛みがひいたら帰ってもらって明日再検査をして下さいと言われた。

一年前のエコー検査で胆石があるとは言われていたが小さいので影響はないと思っていた。

まさかこんなに成長してるは。。

51年も頑張ってくれてる身体もそろそろメンテナンスをして労わる時期にきてるのかなぁと今回の件で考えさせられました。

今回の件で弊社スタッフ、団体の研修旅行のキャンセルで迷惑をかけて申し訳ない気持ちで一杯です。

まずは早く治します!