初めての手術は不安ですよね。 でも、終わってみれば結果オーライ part1

6月の中旬に腹部と背中に激痛が走り身動きができなくなり緊急外来で診察を受けました。

診断は胆嚢内にある結石が原因で将来的な事を考えると若いうちにとった方が良いという事になり手術を決意しました。

仕事などの都合で手術まで3カ月ほど時間があきました。

その間二回程激痛にうめきました。

痛かったーーー(^◇^;)

さて、はじめての手術。

実は不安とストレスで寝れない日々が続いてました。

皆さんご存知の通り手術前日の21:00以降は水以外は口にしてはいけません。

相変わらず寝れないので私は缶チューハイを飲んでしまいました。

今考えれば何を君は考えてるんだ!!と言いたいところですがお陰さまでゆっくり寝れました。笑

血が止まらなくなるリスクがある事は後程先生から聞いてわかりました。反省。。。(^◇^;)

朝9時までに病院に行き入院手続きをすませ午後2時頃からの手術の流れだったので気持ちにも少し余裕があります。

入院手続きや問診、血圧測定などをすませ病棟に行く前に執刀医の先生から話がありました。

「午後からの手術の予定でしたが11時からに変更します。大丈夫でしょうか?」

地震の影響で手術の日程が過密になってるんだろうなぁと考え「ええ。大丈夫です」と何事もないように返事をしました。

しかし、心の中では「え!!!心の準備ができてない!!!あと1時間半後には手術してるのかーーーい!」

どうしよ、どうしよ、どうしよ。

俺の今日のイメージパターンがガラガラと崩れ落ちました。

え??これからどうすんの?

時計をみると9時45分!!!!!

おーい。あと1時間15分しかないよ!!(^◇^;)

まずは嫁に電📞だ!

嫁も早い展開にビックリしてるが俺ほどではない。笑

病棟に案内され血圧を測り紙パンツに履き替えるように指示があるが心の準備ができてないので履く気が失せてる。

ギリギリに履いても良いか確認をして30分前に履くとこにした。意味のなーい抵抗でした。笑笑

知り合いの看護師が様子をみにきてくれて紙パンツの履き方を教えてくれたり手術までの流れを話をしてくれて少し落ち着きを取り戻す事ができた。有り難かったです。(^ ^)

五分前に鼻からチューブを通しますのでそれまでにトイレを済ませておいて下さいと指示があったところで嫁が来てくれました。

「早くなったけどさっさと手術した方が良いよね」と思ってもいない事を言う自分がいる。

本当はめちゃクチャ不安なのに。(^◇^;)

鼻からチューブに一抹の不安があるのだ。

胃カメラを鼻からいれてからもう二度と鼻からチューブは嫌だ!!!と思っていたのにまさかのチューブ!!!

なんだよーーーー。

心の準備ができないくらい早い流れだよぉ。

対応出来ない自分に言い聞かせた。

「おい!やすとし!諦めろ」

「自分で決めたんだから流れに身を任せろ」

転源他在になってる自分に言い聞かせる。。

ふぅーーー!そうだよな。

自分で決めたんだからやるしかない!

10時50分

少し早いですけどチューブいれますか?

うーん。ギリギリにしてもえますか。と言ったのだがやっぱり入れちゃいますと気分を入れ替えた俺が返事をしてしまった。

右の鼻と左の鼻どちらが通りが良いですか?

うーん。なんとなく右かなぁ」

「はい。それでは右から入れますね」

チューブを見ると!!!!

太!!!!太!ーーーー!!

「それを入れるんですか?」笑笑

「はい」(^ ^)

胃カメラのチューブは見た目も黒くスーーと入っていくイメージだがこれは違う!

おい。おい。こんなの入るんかーい。

「はーい。入れますねぇ。」

と優しい声で鼻にチューブが入っていく。

うわぁ。。。(>人<;)

ヤバい!!!

パート2に続く。

今回の手術と入院でサポートして頂いた皆さまに心から感謝と御礼を申し上げます。

活かされてる喜びと健康に感謝をしてこれからも美味しいお菓子を作り続けます。

銀座にある会員限定のカレーやさん。 京橋屋さんに行ってきました。Part2

Part1からの続き

カレーのスパイスの匂いがホントに心地よい。

何を食べようか悩みましたが荘司さんにチョイスはお任せしてメニューのトップにあるトリプルを頼んで頂きました。

子君良いリズムで店主がカレーを作ってる。ご飯を盛り付けるのも真剣。

食べる人の事をしっかりとイメージして作っているのがわかります。

いよいよカレーとご対面。

見た目も匂いも素晴らしい。

右からトキエカレー

真ん中がキーマ

左が辛口伊達鶏

うーん美味しい!!!

どれも特徴がでている。

途中食べていて気がついた。

お!

このスプーン!食べやすい。

この事をオーナーに早速聞いてみた。

スプーンの柄の角度と形状まで

こだわって探しぬいたスプーン。

窪みが平たいので必要以上にご飯とルーを口に運べないようになっている。女性も大きな口を開けて食べなくても良く、評判も良いそう。お米の形にも似てる。

この形だからよりスパイスをしっかりと味わいながら食べれるんだろうなぁと勝手に解釈してます。(^ ^)

ケーキを食べる時にも良さそうなので今度お客様のプレゼントにも良いなぁと思いながら一気にカレーを食べ進めました。

食べ進める度にこみ上げる。

おぉ!!!美味しい!!

辛いけど後味が良い。

キレがある。

後味を悪くするのは決まって添加物が邪魔をするんだけどそれが全くない。

良い仕事してます。さすがです。

美味しいカレーを食べてもらうため、ごはんが冷めないうちに食べてもらいたい。

そんな事も仰ってました。

すこし話がそれますが、福岡の洋菓子店バリ16区のムッシュ三嶋さんにお会いした時に焼き菓子はオーブンから出した瞬間から劣化が進む。だからわたしは焼き立てにこだわるんだよと仰っていたのを思い出しました。

カレーもごはんの表面が冷めるとカレーの味が変わる。「熱って美味しさ」なんだなぁと改めて確認させてもらいました。

色々なカレーを食べてきましたが

京橋屋さんのカレーはまた食べたくなる味。

No.1です!!

味だけではなく香りを大事にしてお店の空調にも気を配ってる。さすがでした。

美味しく手早く調理を提供できるように

スパイスを綺麗に環境整備してるのもお見事でした。

京橋屋さんのカレーは冷凍でも販売してると聞いて送ってもらうことにしました。スプーンも販売してるので二本購入させて頂き大満足。

嫁さんにも食わせてあげたかったので有り難い。

最後に恐る恐る会員になりたいんですがとお聞きしたところ特別にオッケーと言って頂きました。

あとで知った事ですが今現在、会員を募集してないそうで恐縮でした。ありがとうございました!

これが会員証。次に来店した時はこれをみせればオッケーなんです。

いつ来店したのか来店月がわかるようになってます。

良いお店と美味しいカレー、そして良い人に巡り会えました。

まだ続きがあるのですがそれはまたの機会に書きます。

出口までオーナーの飯島夫妻がわざわざお見送りして頂きました。

ありがとうございました!

書いていてまた食べたくなりました。笑

また行きます!

銀座にある会員限定のカレーやさん。 京橋屋さんに行ってきました。Part1す

やっとこれました。

ものくろキャンプで知り合った

庄司さんのブログを読みこれは行ってみたい!と思い立ってから数ヶ月。

東京に行く用事があったので庄司さんにお願いをして予約をとって頂きました。

京橋屋カレー

ここで京橋屋さんの会員制について説明をさせて頂きます。

※以下京橋屋さんツイッターより抜粋

会員制にするしかない理由は、喫煙者お断りの貼紙では効果がないこと。今だに喫煙者が多く来店すること。店主が化学物質過敏症であること。喫煙者とは食事したくないお客様が多くご利用していること。京橋屋のカレーを食べたいお客様がいること。ご理解のあるお客様に食べていただきたいと思うこと。

※9月1日現在は会員様以外のお客様は入店できないそうです。一般のお客様はテイクアウトのご利用になってるので会員の募集も行なってません。

さて。

待ち合わせまで時間があったので銀座の京橋界隈を散策してみました。

見つけた!おぉ。ここの二階に京橋屋さんがあるのか!楽しみ!

カレーに細心のこだわりがあると聞いていたので頑固なオーナーのイメージが湧いてくる。

入店を断られたらどうしよう。(^◇^;)

一抹の不安が湧いてきたのには理由がある。

前日泊まったホテルが慌てて予約をしたので喫煙ルームだったのだ。

フロントに部屋を変えてもらえないか聞いたが生憎満室で無理。

入室するとタバコ臭が想像よりも酷い。

部屋の窓を全開にして明日着る服を洗濯して備え付けのファブリーズをかけて

タバコの臭いがないように気をつけてみる。

やれる事はやった!

数時間窓を開けるだけでもタバコ臭は収まったように感じるし、後は店主の判断に任せよう。(^◇^;)

待ち合わせ場所に庄司さんがきた。

挨拶を交わし早速入店。

店の入り口から雰囲気が素晴らしいカレーのスパイスを連想させるカラーもこれから食べるカレーにリンクしていて期待感が入り口から高まります。

奥様が入り口から笑顔でお迎えしてくれる。

笑顔がステキだ。

店主もカウンターから笑顔で迎えてくれた。

出会いの印象は最初の5秒で決まる。

その通りですね。

あーこの人は良い人に違いない!直感って大事だとつくづく思います。

店内のお客様は私達だけでとても空気が綺麗でスパイスの匂いが心地よい。

それにしても匂いが心地よい!!

匂いに雑味がないのは店内や厨房も綺麗に清掃が行き届いている証拠です。

これは期待できるぞぉ!

続きます。

増毛町に新しいラーメン屋さんが出来た! そこでモーレツに感動した話。

何に感動したのか?

もちろん美味しいラーメンでしたが

オヤジさんの心意気に感動したのです。

増毛町の国稀さんの配達の帰りの出来事です。

あれ?こんなところにラーメン屋さんなんかあったかな????

丁度お昼時だったので車をUターンして

そのお店に入店してみることにしました。

お客様も何人かいてお祝いのお酒や花がおいてあり最近開店したばかりの様子。

メニューを見せてもらうと美味しそう。

浜のラーメン屋って感じで期待できる。

よーく観察すると年配の男性1人と女性2人で

切り盛りしてる様子。

増毛にふさわしいえびみそラーメン。トッピングに帆立を注文してみた。

待ってる間にオーナーらしき男性に声をかけてみた。

「いつ開店したんですか?」

「今日開店したんだよね」

「え!!そうでしたか。おめでとうございます」

かなり年配だとお察ししたので更に質問してみた。

「何処かのラーメン屋さんで働いていたんですか?」

「いや働いてないよ」

「ほかの仕事してて引退してからラーメン屋するのが夢だったんだよね」

「そうでしたか!」

「失礼ですがお幾つですか?」

「72才だよ。昔からラーメン屋をやりたくてさぁ。もう歳なんだけど歳なんて関係ないんだよね。元気なうちにやりたいことやらないとさぁ。笑笑」

「あと何年できるかわからないから思い切ってやったんだよね」

何も言えなくなってしまった。

やりたい事をやる。

好きな事をやる。

健康だからやれる。

健康な身体とやる気があればなんだってやれるよね。おじさん!

心の中で叫んでる自分がいました。

注文したえびみそラーメンも美味しかった。

麺も美味しいですねと言ったら作ってるおばさんがこのスープに合わせて麺を作ってもらったんだよねと教えてくれた。

通りで美味しいはずだ。

会計の時に開店記念だからと会計をオマケしてくれた。ありがとうございました!

今度また食べに行こう。

オヤジさんから元気をもらいに!

早く体調戻すゾォ!