若気の至りで聞く耳持たず。!数年経ってからきづく事もシバシバです。

パティシエになって33年が経ちました。

高校を卒業して繁盛店で働くご縁をもらい右も左もわからない自分に色々と教えてくれた先輩や上司の皆様には今も感謝の気持ちしかありません。

あの時叱られた事や朝礼で社長が言っていたことが今になって理解できる。

今更なんて思うかもしれませんが社長になって解る事ってかなり多いんです。笑

あの時聞く耳を持てずにすみませんでした。(^◇^;)

あの時経験した事が今の自分のパティシエとしての芯の部分になってます。

普通の店舗では味わえない仕事量と沢山の人との出会いから今も気付きをもらい続けています。

修行四年目の写真です。皆さん若いですねぇ。

さてわたしはどこに写ってるでしょう?笑

弊社の若いスタッフには昔のエピソードを話す事はあえてしないようにしています。

理由は話しても伝わらないからです。笑

それよりも想像してチャレンジすること。

疑問を持つこと。当たり前の事を当たり前に毎日繰り返すことの重要性を説いています。

取り留めのないブログになってしまいました。

人は自ら気づいたことしか変われない。

まだまだ私もチャレンジして気づきを磨いていきます!

ジェラートコーンに一手間かけてます。

一手間とは?

よりよく仕上げるためのちょっとした工夫。

ジェラートに使うコーンは既成のコーンを使ってます。色々種類がある中からわたしが好きな食感を選びました。

あるある話ですがコーンがしけってる事ってありませんか?せっかく美味しいジェラートやソフトクリームなのに気分は台無しになりますよね。わたしも経験があります。

イタリアのジェラテリアでは毎朝手作りのワッフルコーンを焼いてそのコーンにジェラートを盛り付けてくれます。

これは美味しいのは間違いないです。

手作りのワッフルコーンは作れなくても

しっかりと食感のあるコーンを召し上がってもらいたいのでルモンドでは更にオーブンにいれて焼いてます。

ただ焼いてるだけじゃん!笑

そうなんですが一手間かけてます。

コーンとカップをお客様に選んでもらってますが焼くようになってから昨年よりも1.5倍コーンを選ばれるお客様が増えてます。

是非コーンでもお試し下さいませ!