旭川空港

旭川空港までお客様をピックアップしに行って気が付いた事がありました。

それがこれ! 凄いですね。

季節ハズレの話ですが冬の空路混乱を考えると旭川空港をつかったほうが良い事がわかりました。

「雪でも着く飛ぶ就航率99パーセント」

但し陸路は保証できないので公共交通機関を使う事をお勧めします。

季節感がない話でした。笑

増毛のブルーベリーは「半端ねぇ」笑

果樹園ではこれから最盛期を迎えるさくらんぼの収穫準備やリンゴの摘果作業に追われてます。

広大な敷地を限られた人数でやってる姿に頭があがりません。

手間が半端じゃないんですねぇ。1つ1つの果物に生産者の思いが詰まってると再認識しました。

例えば写真のりんご。

1つの花に5個の実がつきますがこれを4個取り除くそうです。

そうする事で1つに栄養が行き渡り大きなりんごになるそうです。

これを「すぐり」「摘果」作業というそうです。

水さえあげていれば普通にりんごが🍎できると思っていた。。恥ずかしい。。

で。

2週間前に花が咲いていたブルーベリー。

今はこんな感じでした!

想像以上に実ってると思いませんか?

あとは色付くのを待つのみです。

そろそろどんなお菓子を作るのか考えていかないといけないですね。

ベリーフェアもやりたいです。

他にも楽しい企画も考えてますので

お楽しみに!

パティシエと一緒にブルーベリー狩りなんか良くないですか?

摘みたてブルーベリーをのせたタルト作りとか。

2018年千歳マラソン で言葉の力に気が付いた。

千歳マラソン。

残念ながら今回も完走はできませんでした。

しかし36キロ地点の関門までの道のりで元気をもらった言葉が数々ありました。

この言葉がなかったら36キロは走れてませんでした。

マラソンを走った方は知ってると思いますが

ドクターと書いた黄色いビブスをつけて

ランナーと一緒に医療支援活動を行なってる

方々がいます。

走りながら支援をするドクターランナーです。

同じようなペースで走る集団に合わせて足の状態や体調が悪くなっている人が居ないかチェックをしながら走ってます。

自分の集団の担当は50代後半の元日ハムの白井コーチに似ている感じ良いの方でした。

足の状態が悪い人にどう声をかけてるのか

気になったので近づいてみた。

「歩けますか?」

「なんとか」

「止まったら筋肉が固まって歩けなくなるのでムリしてでも歩いて下さいね。あと2キロ先が関門ですからがんばりましょう」

一声かけてからペースを上げてささーっと走って消えて行きました。

なるほど心が折れかかってる人には元気がでる一言ですよね。数字を聞くとイメージが湧き頑張れる。

本人はどうかわかりませんが、私にはそう思えました。笑

更に数キロ走るとまた同じドクターがペースを落として走ってます。

折り返し前の関門まであと数キロあたりなので励ましてるのかなと思ったら強烈な一言!笑

「関門突破しなくてもいいや。リタイヤしようと考えても無駄ですよぉ~」

「じゅうぶん関門突破できる距離です。

あと20分以上あるから余裕ですよ。まだまだ許してもらえませんから諦めて走りましょうねぇー」笑笑

これを聞いてヒビが入りかけていた心が元に戻りました。

だって、本当にそんな心境だったんですから。優しく声をかけても心に響かない。

ランナー愛を感じましたね。

中間地点を過ぎる頃には周りにいるランナーは定着し始めてきます。

追い越されては追い越す。

いつも同じメンバー

ベースをあげてはるか先に行ってしまったけどいつのまにか追いついてるとか。

下り坂になり足の状態を確かめてペースを少し上げてみた。

いつもより痛くない。

完走まで間に合うかわからないけどペース上げてみよう!

集団メンバーの若者がドクターに

若者「このペースで行けば完走できる?」

ドクター「このペースで行けば間違いなく完走できますよ!!」

若者「もう走りたくないなぁ」

ドクター「最後の関門突破できたら絶対に感想できるから!頑張って!」

若者「そんなんだ!俺、頑張る!」

わたし「え?本当に完走できますか?一度も完走した事ないんです!俺」笑

ドクター「大丈夫!できます!」

坂は歩いても良いけど下りは必ず走って行けば大丈夫。」

その言葉を聞いて脳からヤル気パワーが溢れてくるのがわかります。笑

やる気満々になったわたしはそれからペースを上げて走ったのです。

ですがペースを上げてしまい足が途中でつってしまいペースダウン。

残念ながら関門突破できずだったのですが大事な事に気がつきました。

たった一言の言葉でこんなにもやる気がで

るものなんだ!

道を示してあげる。言葉をかけてあげる。

これなら自分にも日常生活でもやってあげれる。今回のマラソンから学びを得ることができました。家族やスタッフに声をかけよう。

ドクターランナーがいるから安心して走れる。怪我をケアして気持ちまで応援して走ってくれてるなんて素晴らしいですよね。

ドクターランナーの皆様ありがとうございました!。

次は9月30日の旭川ハーフマラソンに挑戦します。

メインは11月の富士マラソン!と続きます。

次はどんなドラマと気づきを得られるか楽しみです。

なによりもスタートラインにつくことが大事ですよね。ネバーギブアップ!笑

結石がこんなに痛いとは思わなかった。 そんなわたしを見つめる愛犬。

仕事中、鳩尾のあたりと背中に激痛が走った。我慢していたが我慢できないレベルになり自宅の二階に戻り横になってみるものの

一向によくならない。(^◇^;)

痛みが和らぐ姿勢をみつけようと試してみても全く効果なし。。笑

これはおかしい!!

おかしいぞ!

あまりの痛さに吐き気もしてきたので

妻を呼び救急外来に電話をして車に乗り込み

病院に向かった。

車の中でも痛くて座ってられない。

まいった。

心が折れそうになる。。

看護師の人から色々と質問を受けるが痛くてどうでも良い答えしか出来ない。(^◇^;)

的確に答えれる人なんているのかな。笑

直ぐに点滴と痛み止めをしてもらったけど

全く効果なし。

痛みに耐えながらレントゲンを撮ったところで先生が「あ~これだ!」と呟いてるのが聞こえた。

え?なんだろ?

痛み止めを倍にしてもらい痛みが和らいで先生から話があった。

「胆石ですね」1センチくらいあるので

これが原因です。

痛みがひいたら帰ってもらって明日再検査をして下さいと言われた。

一年前のエコー検査で胆石があるとは言われていたが小さいので影響はないと思っていた。

まさかこんなに成長してるは。。

51年も頑張ってくれてる身体もそろそろメンテナンスをして労わる時期にきてるのかなぁと今回の件で考えさせられました。

今回の件で弊社スタッフ、団体の研修旅行のキャンセルで迷惑をかけて申し訳ない気持ちで一杯です。

まずは早く治します!

修行時代の仲間

札幌の真駒内のポワソンダブリール社長と東区のフォセットフィーユ山下社長で恒例の会食をしてきました。

ここ数年同じ時期に仲間と食事会を開催してます。

食べて飲んで大いに笑い楽しかったですねぇ。

皆さん悩みや考えてる事が似てます。

ベクトルが合ってるので話の中からヒントをもらい即実行できる事が沢山ありました。

美味しいお菓子を作るにはシンプルに考えて

シンプルに提供する。

書くと簡単なんですがこれが難しい。

お客様が何を求めて来店されたのか?

お客様目線にたってより深く考えていかなければ厳しい時代だということも再認識させて頂きました。

デスクワークも大事ですがパティシエは現場にたってナンボですよね。

これからも美味しい菓子を作っていきます。

今回このような機会を作って頂き陰ながら支えてくれた酒井さんありがとうございました! 感謝!

祭りにお餅は付き物なんですが。最新は難しくなってきてるようです

祭りにお餅は付き物でした。

ですが最近は少し様子が違ってきてるようです。

お祭りには祭典区がありそこの人たちが集まっり1日かけて餅つきをやってそれを本祭りに餅投げで振る舞うのが風習でした。

餅つきをやった方はわかると思いますが

あれってめちゃくちゃ重労働です。

高齢化が進み体力の限界から餅どころではないらしいです。

「それなら地元の餅屋に頼むべ!」

となるんですが餅は餅屋とありますが

その餅屋も年々姿を消しています。

そこに目をつけた訳ではありませんが

餅を作っていた業者さんが廃業するとの事で餅付き機械を数年前に譲り受けてました。

その流れから数年前からルモンドでは餅を作ってます。

今年は留萌以外のところから数件投げ餅の紅白餅を作ってくれないかと話を頂きました。

話を聞くと餅の突き手がいないし1日かける、時間も人も居ないとの事でした。

餅をつくのは機械。

餅を取り分けるのも機械。

残念ながら今はそんな時代となってきています。

人がいなくて折角の祭りに餅まきが出来ないなんて寂しいですよね。

少しでもお手伝いができればとお餅を作らせてもらってます。

昨日は約2000個の投げ餅を作らせて頂きました。

子供の頃、建前やお祭りの投げ餅の時、狂気迫るおばさんに何度吹っ飛ばされたかわかりません。笑笑

色々な意味でお餅って良いもんですねー。

アップルパイを作るのって楽しいもんですね。達人に教えてもらいました。

アップルパイのホールが大量に注文が入り

83歳の父にヘルプを頼みました。

現役を退いて数年経ちますが腕は衰えてないはず。特にアップルパイはこだわりがあり

現役の時は自分にもやらせてくれなかったほど。そのまま引退して聞きそびれていたことがあったのでこれはチャンス!と色々と教えてもらいました。

有り難かったです。ほんと。

「思いは形にでるからいい加減な気持ちで作るなよ」の一言にハッと気づかされました。

美味しいお菓子をこれからも作ります。

アップルパイのホールもこれから販売する事にしましたのでよろしくどーぞ(o^^o)

自動販売機でチョコレート

ポップコーン用のご当地とうきび

中身がわからないミステリージュース

中身がわからない瓶も用意してます。

瓶には確率20%で隣のお寿司やさん蛇の目さんのお寿司券が当たるかもしれません。

ミステリージュースは月に100本は売れてます。これにはビックリしました。

若手スタッフの提案でやってみたのですが

正直ここまでヒットするとはおもいませんでした。

モノではなくてコトを売るようにしては

いますがもっと面白いコトが出来ないか

スタッフと日々考えています。

お客様からも色々とご意見をもらいながら日々進化していきま~す。

お近くにお越しの際は是非見にきて下さいね(^^)

運動会に行ってきた。

6月10日

三女の小学校運動会でした。

一緒に観にきた80歳の母の一言にグッときた。

「この歳になってまた今年も孫の運動会が観れるなんて幸せだわぁ」

母が大病を患ってから2年が経ち、まさか今年も運動会を一緒にみれるなんて思ってなかった。

母、なんだか前よりも元気になった気がする。

強かだよなぁ。かなわない。

また来年も一緒に観よう!!

愛犬の耳が聞こえなくなってきてる! でもハンドシグナルを教えててよかった。

ボーダーコリーの雄を飼ってもうかれこれ12年が経とうとしてる。

とても頭の良い犬で人の動きや言葉に理解を示してくれる。

仔犬の頃、我が家にきておしっこをする仕草をした時にここでするんだよと教えてから一回も粗相をしない。

教えた事はすぐに覚える。

シベリアンハスキーを昔飼っていたけど

同じ犬でもこうも違うのかと当時は驚きの連続でした。

でもこんな愛犬も年には勝てない。

昔なら階段を登る音に反応をして玄関を気にしてみていたんだけど今は無反応。

昼休みに帰ると喜んで迎えてくれたのが

寝ていて爆睡してる。笑

耳が聞こえてない。

声とハンドシグナルで躾をすると良いと聞いて子供の頃から教えていたのが今になって役にたっている。

拍手をパチンとするとまだ反応してくれてるのでこっちを向いた時にハンドシグナルすると意図を理解してくれる。

今になって役にたつとは思わなかった。

人間の一年は犬にとって7年に相当すると言われてます。

リッツはもう84歳なんだね。

俺は51歳。

いつのまにか追い抜かれてしまった。

同じ経営塾に通ってる煙山さんのブログが印象に残ってる。

人生を24時間で例えると自分は今夕方の5時。私達の世代は5時から男が多い笑笑

まだまだやれる!!

リッツは今何時なんだろ。

リッツ!まだまだ楽しい時間を共有しようね。