『なにこれ?自販機』の始まり 留萌 道の駅 自販機ストーリー④

写真はルモンド本店横で販売していた当時のものです。

飲料水と自社品だけなので少しのワクワクしか感じられませんでした。

『自販機で留萌の名産や地域を代表するモノを置けたら面白いと思いませんか?』

『え?めちゃくちゃ面白いですね。それ』『少し時間下さい』『市役所にも相談してみますので』。

知り合いの社長さんのお力を借りてそこからあっというまに話が進み

愛でたく船橋公園https://funaba.info/の入り口に自販機を置かせてもらう事になったのです。

あ。端折りすぎてすみません。

ホントにこんな感じだったのですが実は調整で半年以上はかかりました。

さて。

置かせてもらう事が決まり次は何を販売するのか?

①何を販売しよう。。。

自社の商品だけで埋め尽くされた自販機はやりたくない。

それよりもここでしか買えない留萌を代表する面白いモノを集めて売りたい。

そこがこだわりの一つ。

何が大変だったのかを聞かれたらこの絞り出し作業が一番大変でした。

『それってさ。ワクワクする?』

これが自分の中でのキーワードだったからです。

ワクワクさせるってアイデア絞り出しってめちゃくちゃ難しい。。

つづく

『なにこれ?自販機』の始まり 留萌 道の駅 自販機ストーリー③

昨日は寒かったですね。マイナス17℃ もっと下がっていたかもしれません。

写真は朝のけあらし

自分の住んでる地域で人の集まるところはどこだろう?

そうだ市立病院だ!

思いたったらすぐに行動が心情。

故に失敗も多いのも事実なんですが。。

さて。何処に聞けば良いんだろう。市立病院だから市役所か。

という事で担当の部署に赴き

ダメ元で自販機を置かせて欲しいと話をしに行きました。

結論から言うと同じことを考えてる先客がいたんです。。(^◇^;)

それは某大手コンビニさん。

半年前から話が進んでたようなので

そこは諦めました。

現在設置されているのかはわたしは確認できておりません。

大手も人の集まるところに目をつけてるんですねー

考えてみたら今は大病院にコンビニは当たり前の時代です。

縁がなかったんだとそれはそれで自分自身を納得させましたがまだ諦めません。笑

ある日のこと。

偶々来店されていた社長に

自販機の話をしたところ話は一気に進みます。

つづく

『なにこれ?自販機』の始まり 留萌 道の駅 自販機ストーリー②

お正月の招福瓶に手応えを感じて

次は『おでん缶』を販売してみたんです。

最初は売れました。

ですが日が経つにつれ売れなくなります。当然ですよね。

snsで投稿をして伝える努力をしてもわざわざ足を運び自販機で購入する『動機』が薄くワクワク感も少ない。

春には在庫も余り残念な結果になってしまいました。笑

秋葉原ではめちゃくちゃ売れてるのに

留萌ではなんで売れないんだろ?

結論はわざわざ秋葉原で買うから良いんです。笑

当然ですが人口が違います。

留萌の冬は圧倒的に行動量が減るので

興味があっても来ない、来れない。

できない、売れない理由はどれだけあげてもキリがないので

このへんでやめます。笑笑

ある人と話をしてるときに

『人が多く集まる場所に移設すればよいんじゃないですか?』

『たとえば病院とか』

あ。そうか!

それだ!!

でもどうすれば病院に移設できるんだろ?

『なにこれ?自販機』の始まり 留萌 道の駅 自販機ストーリー①

昨年の7月から道の駅で本格的に稼働している『なにこれ?自販機』。

3年前にルモンド店舗横で稼働してました。

こんな感じ。。

ある年のお正月に福袋ではなく『福瓶』を一本1000円で販売したら2日で20本も売れてビックリ‼️

その時にわたしは気がついたのです。

そうか!お客様が購入したいと思う『動機付け』が

大事なんだ。

そこからわたしの『動機付けアンテナ』の

スイッチが入ったのです。

ただ単に『動機付け』と言ってもそう簡単にお客様のスイッチは入りません。

どう展開するとお客様が『買いたい』と思ってくれるか?

これが『なにこれ?自販機』の始まりでした。

冬休み。銀だこに学ぶ。

小4の娘を冬休み何処にも連れてってあげれてない。。ヤバい。。(^◇^;)

何処に行きたいと聞いたら旭川のイオンに連れてってくれと言われ、嫁と3人で久しぶりに行ってきました。

今更ですが一部リニューアルされていて

無印も入店されていてビックリでしたぁ。

今日の気付きはここからでした。

帰る際には銀だこをお土産に買って帰るのが我が家の定番。

わたしが先に並んで順番待ちをします。

焼き手が手際よく焼いているのが気持ち良いんですよねー。

特に今日の焼きては見ていて気持ち良い。

その時に気がついた事がありました。

あれ?鉄板が揺れている!!

なんで?どうして?

見間違えかなと思いよくみてるとやはり揺れてる。

なんて表現したら良いのでしょう。

揺れと同時にくるりとひっくり返された1つ一つのたこ焼きがクルクルと勝手に回ってるではないですか!!笑笑

経営者的目線で考えてみた。

揺らすことでひっくり返す手間を減らしたんだな。なるほどー

にしても絶妙な揺れ方!

しかし、この揺れに想像を超える効果がある事を後に知ることになりました。

注文を伝える際にスタッフさんに鉄板の揺れの事を聞いてみました。

今までは焼き上がるまで20分かかっていたのですが鉄板を揺らす装置?をつけたことで10分で焼けるようになったと話してくれました。

これって凄いことです。

生産効率2倍になったんです。

如何に生産効率を上げて客回りを上げるかで出された決断なんですね。

固定観念に捉われずあらゆる可能性を探る

事の大事さに気がつかされました。

販売スタッフがお客様からの質問に答えられることも素晴らしい。

銀だこさん。

ありがとうございました!

クリスマスパンフレット!

今年もクリスマスがやってきますね。

師走も重なりワクワクドキドキしながら

毎日を送っております。

忙しいなかでの楽しみは皆さんあると思います。

わたしは寝る前にNetflixで「七つの大罪」をみてるのですがこれが面白い!

悪者がいて退治をしていく単純なアニメではないのが、おっさんには新鮮でたまらないのです。

なんて言ったら良いんでしょう。深いんです。笑

興味がある人は是非!

さて今年のクリスマスパンフレットが出来上がりましたので是非ご覧ください。

嫁さんに感謝して未来を切り拓く!!

未来を切り拓く

52歳になって考えることがある。

自分にプレッシャーをかける訳ではありませんがそろそろ結果だして夢を形にしたい。

50代は人生の中で一番多忙な時と言われてて実際にその立場になるとホントにそうだよなこりゃしっかりしないとダメだ。

そう思う訳なんです。

そんな時に引き寄せられた本がこれです。

本田健さんの「未来を書く」ことでどんどん夢は実現する。

この本が良いのは別冊の付録がついていて直ぐに実践できること。

「書くことで心の中を真剣にみつめる」

日頃から書くよりもスマホのメモを活用してるのでペンを握る事が逆に新鮮な気分になります。

何も書いてない紙に書く。

人生100年時代。

折り返し地点を越えて真剣に見つめ直してワクワクしながら書き込んでみます。

枯れないように丁寧に

1つ1つ丁寧に

神棚を新しくした。

父が50年近く使っていてかなり古くなりこれまたかなり大きなものだった。

身の丈にあったものが良いとの事で一番小さな神棚にしてみた。

実にしっくりくる。

毎日神棚に参拝して気がついた事がある。

以前は榊の水は3日に一回取り替えていたのだが10日ほど経つと葉が落ちて枯れていた。

友人から毎日丁寧に水をしっかりと取り替えると活きいきと葉が保たれると聞きやってみると本当に葉も落ちずにしっかりと保たれて

ビックリである。

丁寧に毎日繰り返す。

教訓。

丁寧に心を込める事で後に形にあらわれる。

いい加減に行動すると同様な形になる。

お菓子づくりも同じですよね。

毎日丁寧に心を込めてこれからもつくって

いきます。

駐車場のお知らせ

気温が高くなりジェラートの美味しい季節になってきました。

今年のジェラートは口どけの良さと素材の美味しさがダイレクトに伝わるようなレシピでお作りしています。中でも木苺は濃厚なのにサッパリとしたキレのある味に仕上げました。是非お召し上がりください。

これからの時期はお車のお客様がたくさんご来店されます。近くに10台以上停めれる駐車場をご用意しておりますので是非そちらをご利用くださりごゆっくりとお召し上がりいただければ幸いです。

暑い夏は留萌の海と美味しい食事とスイーツ!是非お立ち寄り下さい。