『なにこれ?自販機』の始まり 留萌 道の駅 自販機ストーリー⑦

前回のつづき

さてここで問題です。

日本人が一番好きな(消費量)スイーツは何かご存知だろうか?

答えは『プリン』

スーパーやコンビニをよくみて下さい。

プリン🍮沢山並んでます。

そう!日本人はプリン大好きなんです。

そして、『何これ?自販機』でダントツに売れてる商品は【固すぎるプリン】。

この商品を作るのはホントに大変でした。

通常は商品を考えてその思いを

ネーミングにします。

今回はネーミングを考えてからの試作開始。逆転の発想からの商品開発だったのでめちゃくちゃ大変です。笑

だって。『固すぎるプリン』ですよ。

どんなプリンなんだよ。

固すぎるって。。笑笑

ブツブツ言いながら試作を開始。

数十回試作を繰り返しやっと出来たのは

表面は固く、食べ進めるとなめらかな口触りになるプリン。

これだ!やっとできた。。

ポイントは

①北海道産の生クリームと牛乳の黄金比

②卵黄と卵白の黄金比

③焼き方の工夫

④焼きあがったあとの20分の工夫で食感と味が変わる!

⑤また食べたくなる後味

この5つのポイントを今回の試作で

みつける事ができた。

少し説明しよう。

①北海道産の生クリームと牛乳の黄金比

◾️好きなプリン味は乳脂肪分にこだわる。

食べ終わったあとの『乳味』をすっきりとそしてまた食べたい!と思ってもらう為に乳脂肪を調整している。

調整する為には生クリームと

ホイップクリームと牛乳を絶妙の比率で

混ぜあわせなければならない。

この比率の調整が大変だった。

余談だが本当は留萌管内の牛乳も使いたいのだが

諸般の理由で無理なのだ。。

いつか地元の牛から採れた牛乳で作るのが夢。。

② 卵黄と卵白の黄金比

◾️固まる力は卵のお陰。

卵の比率で口当たりが変わるのでこれは

一番悩んだ。

この比率が表面は固く中心はなめらかな

プリンを生む一つの要因である。

思っていたような固さと滑らかさは

この比率から生まれた。

③は焼き方だがこれも実は工夫している。

次につづきます。